2018年7月17日火曜日

5年 着衣水泳

 3時間目に、5年生は水難防止訓練の一環として「着衣水泳」を行いました。実際に服を着て水にに落ちた時、どうすればよいかということを学習しました。
 まず、服を着て水に入り、手足を広げて浮く練習をしたり、服の中に空気を入れて浮く練習をしました。しかし服を着て水の入ると服が水で重くなり、大変動きにくいので、みんな苦労していました。その後、2L のペットボトルなどにつかまって、浮くことにチャレンジしました。
 実際に、服を着たまま水に落ちることはそうないと思いますが、体験しているのといないとでは大違いです。今日の学習をしっかり覚えておきましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿